デジタルサイネージは映像による電子看板です

バナー

デジタルサイネージは映像による電子看板です

デジタルサイネージは、屋外、店頭、交通機関などのあらゆる場所にある映像による電子看板です。
ネットワークにつなぎ、ディスプレイなどの電子の表示機器を使用して、情報を発信するシステムです。デジタルサイネージは、広告に限らず、様々な情報を発信でき、街頭の大型ビジョン、駅、空港、ショッピングモール、エレベーター、ホテル、病院などに広まっています。



デジタルサイネージは、電子看板という屋外の大型画面の広告ということに留まらない広がりや深みがあるのです。
大型画面だけではなく、小型の表示システムもあり、広告以外の情報も様々な場所で、情報がデジタルでつながって流すことができるのです。


デジタルサイネージは、いつでも、どこでも、だれにでも情報を伝えるメディアで、今だけの情報を伝えることが可能です。明確な目的で、情報を送る手段として最適な方法です。

活用方法には広がりがあります。
学校や病院での情報共有ツールや企業内の連絡ツールとして、街のアートとしても景観を美しく明るく表現することが可能です。
デジタルサイネージは、豊かな表現力が魅力です。

スライドショーやテキスト、テロップ、アニメーション、動画、音楽、音声など自由にレイアウトすることが可能で、ビジュアルでインパクトの高い映像が放映可能です。

また、高画質パネルで明るくクリアなので、ポスターなどよりも視認性がアップします。

これだけは知っておきたいAll About情報サイトを活用しましょう。

高い映像品質で、高精細な画像を表示することが可能なので、シズル感などがダイレクトに伝わります。さらに、紙が不要なので環境に優しく、掲示広告のコストを抑えることができることも魅力のひとつなのです。

特徴のあるデジタルサイネージ情報のご紹介です。